きみといっしょに。~せせらぎ通信~

主人と死別し、いろいろなことを勉強しました。社会制度、死別時に役立つ情報、育児をしていく上でも、今まで生きてきた中で得た情報や知識を分かりやすくお伝えします。

きみといっしょに。~せせらぎ通信~ イメージ画像

死別時役立つ

音楽は心を癒す力をくれると思います。悲しい時に悲しい曲を聞いてどっぷり落ちても前向きな曲を聞いて明日の活力にしてもどちらにしても、心が癒されるのが音楽だと思います。私がどっぷり落ちた時に頼った先も音楽でした。そんな曲たちをお伝えしようと思います。私が良い
『死別の時に聞きたい。『心を癒すオススメの曲』』の画像

まーくんの遺影はカメラマンのSさん(『棺への寄せ書き、いや、落書き?』)に撮ってもらいました。というより結婚の時に撮影してもらったものを遺影に使いました。とても素敵な写真。見る方全てにいい写真だねと言っていただいています。そんなカメラマンのSさんが、もっと
『遺影を用意しませんか『鈴木心写真館』』の画像

『葬儀社ってやつぁ』でも書いた通りあれよあれよと葬儀社にお願いすることになりました。相見積もりなんて取る余裕も時間もありません。葬式費用はかかるらしい。という情報だけ知っていました。葬儀社の言われるがままに、ほいほいとお金を出しました。そんな葬儀費用、公
『相場なんてわかりませんよね『葬儀費用の実情』』の画像

一家の大黒柱を失って、一番に心配したのは家計でした。親戚の姉ちゃんが、「まーくんは会社員だったから保証は手厚いはず」と言っていました。それが遺族年金のことだったのですね。きっと。働いてない今、生活の保証をしてくれているものです。大助かり。まあ、全部は保証
『死別再婚率が低い理由!?『遺族年金の制度』』の画像

伴侶が死んで、落ちに落ちていつまでも家に篭っていたい。そんな気持ちになります。でもそんなわけにもいかないのです。人一人が死んだ時、その後の生活をしていく為に、やらなければいけない手続きがたんまりあるのです。各々はまたご紹介していくとして、どんだけの手続き
『ふさぎ込んでもいられない『死後の手続き』』の画像
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ